ファミリーマートが沖縄で店舗が多い/人気が高い理由とは?

ファミリーマートが沖縄で店舗が多い/人気が高い理由は?

ファミリーマートが沖縄で店舗が多い/人気が高い理由とは?

 

2015年10月現在、

 

沖縄県で一番多いコンビニは200店舗を超えるファミリーマートです。

 

ちなみにセブンイレブンにいたっては沖縄には1店舗もありません。

 

 

 

 

なぜこんなにも沖縄県でファミリーマートがヒットしているのか?

 

その理由についてYahooニュースに取り上げられていたので、

 

こちらのサイトでもまとめて紹介したいと思います!!

 

 


ファミリマートが沖縄で店舗が多い理由・人気が高い理由

 

そもそもなぜ沖縄でファミリーマートの店舗が多いのか?人気なのかについて言うと、

 

沖縄のファミリーマートでは地域に密着した商品を取り扱って販売していることが

 

人気の要因として大きいようです。

 

 

 

 

 

例えば、ゴーヤ弁当とかタコライスとか。東京やその他の地域では売っていないものを

 

コンビニのファミリーマートで取り扱っています。

 

 

 

 

 

地元の人たちは慣れ親しんだ商品を買い求めることができるし、

 

沖縄に来た観光客はそれらの商品が珍しいおみやげとして

 

買うことができて、地元の人・観光客の両者にとってメリットになっています。

 

 

 

 

 

またキャンペーンなどの取り扱いも独特です。

 

本州などのコンビニでなにか買い物して当たるキャンペーンだと

 

よく東京のコンサートなど都会で行われる招待券であったりすることが多いけど、

 

沖縄だと東京まで行くこと自体が難しく、当たっても実際に行く人が少ないようなので、

 

東京コンサートではなく、沖縄内など地域独特のキャンペーンを取り入れるようになっています。

 

 

 

 

 

 

簡単に言えば、沖縄県のファミリーマートは

 

沖縄に住んでいる人の為・沖縄独特の商品を取り扱っていることが

 

店舗が多く・人気の秘密になっています。

 

 

まとめ

 

 

沖縄県で人気のファミリーマートの秘密は、地域密着型のコンビニになっているからでした。

 

 

 

 

ファミリーマートに行けば、生活必需品や全国で販売されているものはもちろんのこと、

 

沖縄県民が好むものをたくさん取り揃えてあります。

 

 

 

 

 

沖縄に住んでいる人〜観光客まで買いたいものが多く取り揃えているお店、

 

それが沖縄のファミリーマートになっています(^_^)v