ファミマTカードのデメリットとは? 3つのデメリット

ファミマTカードの注意しておきたい3つのデメリット!

ファミマTカードのデメリットとは? 3つのデメリットがあります

 

ファミリマートのカードといえば、ファミマTカード。

 

 

 

入会金・年会費が無料でポイントも貯まるから、

 

とっても便利だと思いますが、メリットだけでなく、デメリットもあるはず。

 

 

今回は、ファミマTカードのデメリットについてまとめてみました。

 

 

 

 

ファミマTカードのデメリット その1 初期設定がリボ払いになっている。

 

ファミマTカードのデメリット@ 初期設定がリボ払い

 

 

ファミマTカードは初期設定として「ミニマム・ペイメント方式」というリボ払いになっています。

 

カード申し込み時に基本1括に変更することができません。

 

 

 

ですので、基本の支払いを1回払いにしたい場合は、

 

申し込んだ後に、会員専用ネットサービスまたは電話にて変更手続きをしないといけません。

 

 

 

 

リボの支払いが嫌いな方も多いと思うので、

 

希望していない方にとっては、手間が増えるのがデメリットです。

 

 

 

 

 

 

ファミマTカードのデメリット その2 カードブランドがJCBしかない。

 

ファミマTカードのデメリットA カードブランドがJCBのみ

 

クレジットカードにおいての有名ブランドといえば、

 

VISA・MasterCard・JCBですが、

 

このファミマTカードはJCBしか選択することができません。

 

 

 

 

カードブランドに対してこだわりのない方にとっては、問題はないのですが、

 

次はVISAが欲しいな〜とか考えていた方においては、

 

デメリットになるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

ファミマTカードのデメリット その3 支払い方法の選択肢が少ない。

 

ファミマTカードのデメリットB 支払い方法があまり選べない

 

ファミマTカードの支払い方法は主に3つです。

 

  • ミニマム・ペイメント方式(リボ払い・月々払い)
  •  

  • ミニマム・ペイメント方式に増額(リボ払いに必要に応じて増額して支払い)
  •  

  • 全額支払い(1回払い)

 

以上の3通りです。

 

 

 

ファミマTカードのデメリットB 支払い方法の選択肢が少ない

 

 

 

 

 

クレジットカードのよくある支払い方法と比較したときに

 

  • 2回払い
  •  

  • ボーナス1回・2回払い
  •  

  • 分割払い

 

がありません。

 

 

 

 

計画的に大きい買い物をたくさんするのには、

 

ファミマTカードはあまり向いていないのかもしれません。

 

 

 

支払いが選べる選択肢が少ないということでデメリットとします。

 

 

 

まとめ

 

 

ファミマTカードのデメリットをまとめてきたのですが、

 

まとめた内容としては、

 

海外でもしっかり使おうというよりかは日本国内で、

 

ファミリーマートを中心に使うカードという感じです。

 

 

 

しっかりクレジットカードを使っていくというよりかは、

 

ファミリマート専用のポイントカードという認識がつよいのではないでしょうか。

 

 

 

ファミリーマートを利用するのなら、ファミマTカードはいいカードだと思います。

 

 

 

ファミマTカードのメリットについてまとめてみました

 

 

 

ファミマTカードの公式サイトへ

 

 

 

 

スポンサードリンク