日本国内のファミリーマートの店舗の数について

ファミリーマートの店舗数について

ファミリーマートの店舗数

 

コンビニとして誰もが知ってるファミリーマートですが、

 

店舗数ってどのくらいあるのか気になったことはありませんか?

 

私自身ちょっと気になったので、調べてみました!!

 

 

ファミリーマートの店舗数

 

ファミリーマートは2015年5月現在、全国の店舗数が11,399店舗あるようです。

 

(ファミリーマート公式ページより)

 

全国47都道府県すべてにお店があり、関東と関西を中心に店舗の出店が栄えています。

 

 

 

 

店舗数の一番多いのは、東京で1964店舗。

 

2番目に多いのは、大阪で1085店舗になっています。

 

 

 

 

ちなみにコンビニ最大手のセブンイレブンが東京で2295店舗(2015年3月)なので

 

セブンイレブンにも負けないくらいファミリーマートの店舗数は多いです。

 

 

 

 

全世界のファミリーマート

 

 

ファミリーマートって日本だけじゃないんです。海外でもいっぱいお店が出ているんです。

 

 

 

台湾・タイ・中国・アメリカ・ベトナム・インドネシア・フィリピンの7か国でファミリーマートの出店があります。

 

特に台湾・タイ・中国の3国では店舗数が国内で1000〜2000店舗もあるので、

 

海外でも身近なコンビニとなっています。

 

 

  • 台湾 2960店舗
  •  

  • 中国 1352店舗
  •  

  • タイ 1187店舗

 

 

まとめ

 

ファミリーマートは日本ではもちろん、海外でも利用ができる大型コンビニなことがよくわかりました。

 

全国すべてにコンビニ店舗があるのは、ファミリーマートとローソンくらいなので、

 

どこでも利用できるのはファミリーマートの良さだと思います!!

 

※セブンイレブンは、鳥取県と沖縄県には店舗がないようです。